s.t.f.PENTAGON

2009年02月14日

「心の核」というか、「心の素」

とってもオカルトチックなお話ですが、「ひきよせの法則」って知ってます?

今、自分に起こっている事は全て、自分自身が引きよせているという事なのです。

つまり、悪い想いやマイナスの想いを抱いていると「悪い事」が起きる。

良い想いやプラスの想いを抱いていると「良い事」が起きるという事です。

悪い事が起こったから想いが悪くなるのではないし、良い事が起こったから良い想いになるのでもありません。(この法則に従うと逆です)

実際に癌が治った、大成功してお金持ちになったって方もいらっしゃるそうです。(私の知人にも人生が変わった方がいます)

よく聞く話だよね、って思われたかもしれませんが、実はとっても深いんです。

プラス思考、マイナス思考という次元の話ではなく、「考え」や「思い」の、もっと奥の部分です。

がんばって、考えよう、思おうとしても所詮、俄仕込みの表面的なものになってしまいます。

奥の部分とは「心が起こる(反応)」元となる部分です。

「心の核」というか、「心の素」です。

思いは、この部分から起こるのです。

したがって、いくら明るく振舞ったり、笑顔を取り繕ったり、がんばって元気にしても、「心の素」が本当にそうなっていなければ何も起こりません。

どうすればいいのか。

とても簡単です。

陽の波動を纏うため「喜び」「感謝」「感動」に生きれば良いだけです。(宗教チックですが。。。)

人に喜んでもらう、人に感謝してもらう、人に感動を与える。

おそらく、そこには無償の愛が存在するでしょう。

GIVE AND TAKEではなく、親が子に与えるように見返りを求めない想いと行動。

そうなると世界も変わるんでしょうね^^


人生ひたすら修行ですな。。。

がんばりましょ@@

がんばるって言ってる内は、まだ遠いか(汗)

posted by osamu at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

サルはひたすらその作業を続ける。

サルにランダムな報酬を与え、その心理学的効果を分析した研究が幾つかある。

例えば、サルにある調教をし、それをするたびに褒美を与え続けた結果、サルはすぐにその努力が特別な褒美と結びついていると分る。

しかし今度はその作業をしても褒美を与えるのをやめてしまうと、非常に短期間のうちにサルは全くその作業をしなくなる。

褒美がもらえそうないのに、やるだけ労力が無駄とわかるからだ。

ところが褒美を一貫して与えるのではなく、完全にランダムなスケジュールで与えた場合、褒美がもらえなくなったサルの反応は全く異なってくる。

褒美を与えるのをやめても、その作業をしてももう二度と褒美がもらえないとは、サルにはわからない。

そして褒美が与えられるたびに、その褒美はサルにとって嬉しい驚きとなる。

その結果、サルの頭から仕事をサボる理由がなくなるのだ。

たとえそれをして褒美がもらえなくても、サルはひたすらその作業を続ける。

場合によっては、半永久に続けるだろう。

「ZONE」より


まさに依存の状態です。

数多くのトレードをしていると経験した事があるかもしれません。

ランダムにもたらさられる褒美に支配され、脳内から分泌される快楽のホルモンの溺れたとき、人は何度も同じ失敗を繰り返し、一貫性の無いトレードを繰り返します。

この状態からの脱却が、勝ち残るための必須条件であることは想像に難しくありませんね。


posted by osamu at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

でも想えば叶うんですよ^^

私の住む大阪では最近、タクシー強盗をはじめ殺人など目を覆いたくなるような事件が多発しています。

不景気の波は、大企業のリストラに始まり、私たち末端にまで影響を及ぼしはじめています。

世界のトヨタ、ソニー、あのマイクロソフトまでもが大型のリストラ、日産にいたっては過去最大の赤字額が予測されています。

まさに世界恐慌の始まりを予感させます。

当然、大企業に従属する関連会社、下請企業は、さらい厳しい状況に追い込まれるでしょう。

不景気のスパイラルの始まりです。

そして心は益々暗くなり、負の波動が大きくなり。

負の波動は「悪い出来事」を呼び込み。

考えただけでも恐ろしいですねーー;

心と誇りを失ってしまい、物でしか満たされなくなってしまった多くの人類の末路はどこに向かうのでしょうか。。。

今こそ見つめなおし歪みを正す時期なのかもしれません。

環境破壊、資源枯渇、食料不足、難病奇病の蔓延。

中国ではフットボール大の雹が降り、砂漠地帯も拡大しているとのこと。

世界的な鳥インフルエンザパンデミックも噂されています。

現代文明を手に入れるために失ったものと引き起こされたもの。

問題に気付きながらも、諸々の利害関係で動き出せない状況。

人種、国籍を越え変わるべきときが訪れているのではないでしょうか。。。

っと、最近よく考えます@@

私たちは投資クラブという形でコミュニティを作っていますが、けっしてお金だけを追いかけているのではなく、その先に「より良い未来創り」を見ています。

なにができるかなんてわかりません。

投資とどんなリンクができるかもわかりません。

でも、考えていきます。

ん?飛躍しすぎ?

そうかもしれません。

でも想えば叶うんですよ^^



posted by osamu at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

トレードやマーケットの本質について誤解と矛盾

マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。

買い時、売り時、有望銘柄を識別する優れた分析手法についても良く知っている投資家はいるだろう。

しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?

たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったとしても、決断力に乏しく失敗を恐れていては、再起不能のミスを犯してしまう可能性が常にあるのだ。

実際多くの投資家が、トレードやマーケットの本質について誤解と矛盾した信念を抱いている。

そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信を失ってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。

大半は一年以内に、資金の全額か、あるいは大部分をうしなってしまうのだ。

マーク.ダグラス著 ゾーンより

ここには深いメッセージが込められています。

己を探求しコントロールする術。

知識だけでは生き残れないのは、人生も同じ事ですね。


【イベント情報】 FX勉強会・交流会

■ 日時:
1月25日(日) 13:15 〜 16:45

■ 場所:
大阪市中央区北浜東3-14 エル・おおさか(大阪府労働センター)6階 608号室
エル・おおさかMap

■ 内容:
投資に関心をお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。
個人投資家出会いの場とお考え下さい。

今回のテーマは、「エントリールール」です。
実際のチャートを見ながらストップ&リミットの条件を考えてみませんか?(提案がない場合事務局サイドより発表しますのでご安心下さい。)
自身のルールが定まってない方や、ルール改良を考えている方に最適です。フリーディスカッションもありますので、万障繰り合わせてご参集下さい。
遠方の方はオンラインでもご参加いただけます。

■参加費:
800円

■申し込み方法:
http://w2c.trgy.co.jp/inquiry/
お問い合わせフォームより申し込みください。(申込順定員制)
posted by osamu at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

いや、これ結構深いですよ〜^^

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

昨年は100年に一度と言われる大相場となりました。

本当に学ぶ事の多い一年でしたね^^;

私自身、今後の投資生活に大いに役立てるよう、しっかりフィードバックしました。

何事にも通じるのですが、実践からは多くの事を学べます。

ただ、感情や数字のみを扱うのではなく、しっかり相場と向き合い、より多くの事を身につける事が重要です。

かの、ブルース.リーは学びについて、「多くの固定観念を持つ事よりも何が身についたかが重要だ」と言っています。

私なりに解釈すると、いくら頭でっかちになるくらい知識を詰め込んでも、勝負に勝てるわけではない、それよりも学んだ事をいかに使いこなせるかが重要だ、という事だと思います。

当たり前?

いや、これ結構深いですよ〜^^

ブルース.リーのジークンドーは、私たち投資家のFX。

学び、そして実践、修得、成長、覚醒。

己を磨いた結果が自ずと現れるのは、全てに通じる事ではないでしょうか。
posted by osamu at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウィンスクエアクラブ H.P.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。