s.t.f.PENTAGON

2011年12月16日

12/15のトレード

昨日は方向性に乏しい相場。

この3日間のeur中心で変動したトレンドにおけるショートレンジ転換点と位置づけ、監視をしていました。

監視し始めた時間帯では、いわゆるスクイーズ状態で変動幅が小さい、しかし変動エネルギーが圧縮され狭い範囲で弾けるのを待っているような感じ。

どの通貨にも手を出し辛い状況の中usd/jpyはシンプルな動き。

eur/usdとの連動性を見計らい、77.77 L エントリー。

eur/usdとの連動性を見計らいイグジット、+18pips

20111215-2.JPG

その後、AM2時半ころエネルギー値が下がったところにeur/usdで良い形出現。

eur/usd 1.3021 s エントリー。

反転の兆しを確認しイグジット、+13pips。

20111215.JPG

どちらも良いトレードでした。

◇本日の教訓

ショートレンジではトレンドの転換点っていうことを忘れるな。

油断大敵火がぼうぼう。





 



タグ:FX 為替
posted by osamu at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ウィンスクエアクラブ H.P.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。