s.t.f.PENTAGON

2011年12月23日

12/22のトレード  幸運?

昨日の相場は、各通貨とも動意が薄く狭い範囲での推移。

ユーロ以外のクロス円は少々強めで、少し売られれば買い戻される動き。

今後、年末に向けてのポジション整理が行われれば恐らくクロス円、ユーロはショートカバー優勢のはずだが、結果はいかに。

昨日のトレードでは間抜けな幸運?が訪れました。

0時頃こたつに入り、ノートPCで監視をしていた時、eur/usd5分足で長目の下ヒゲ出現、チャートの形状からもLのチャンスです。

ライブ注文の画面を立ち上げ、通貨量を入れ、ワンクリックで発注できる状態にして少し目を離していると画面が省エネモード?になり真っ暗に。

画面を立ち上げるためにマウスをクリックすると、なんとLポジが約定していました(驚)

発注ボタンの上にマウスポインタが残っていたようです。

コワッどんっ(衝撃)

冷や汗ものです。

結果、自分の思っていたところよりも3pips高いところで約定したのですが、幸運なことにそのまま上昇。

21pipsの利益。

しかし、二度とこのようなことは経験したくないと思うほど反省しました。

eur/usd 1.3039 L イグジット 1.3060 +21pips

20111223.JPG

◇今日の教訓

失敗してしまう原因はトレード手法や考え違いだけにあらず

環境も含む人為的な失敗要因が起こらないよう当たり前に整え注意をはらう

私これ多いんですよね〜(落)

これ直さないと成功はありえませんね。。。
ラベル:FX 為替 ラッキー
posted by osamu at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

12/15のトレード

昨日は方向性に乏しい相場。

この3日間のeur中心で変動したトレンドにおけるショートレンジ転換点と位置づけ、監視をしていました。

監視し始めた時間帯では、いわゆるスクイーズ状態で変動幅が小さい、しかし変動エネルギーが圧縮され狭い範囲で弾けるのを待っているような感じ。

どの通貨にも手を出し辛い状況の中usd/jpyはシンプルな動き。

eur/usdとの連動性を見計らい、77.77 L エントリー。

eur/usdとの連動性を見計らいイグジット、+18pips

20111215-2.JPG

その後、AM2時半ころエネルギー値が下がったところにeur/usdで良い形出現。

eur/usd 1.3021 s エントリー。

反転の兆しを確認しイグジット、+13pips。

20111215.JPG

どちらも良いトレードでした。

◇本日の教訓

ショートレンジではトレンドの転換点っていうことを忘れるな。

油断大敵火がぼうぼう。





 



ラベル:FX 為替
posted by osamu at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウィンスクエアクラブ H.P.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。